アバルト乗りも多数参加! 2024 SHINWAグループ「輸入車オンパレードツーリング」

Abarth

乗り手がクルマに合わせる。それが楽しい

595 Competizioneに乗る中村岳晴さん。以前に乗っていたシリーズ3のベースモデルが4年で走行10万kmに達したため、2年ほど前に595 Competizioneに乗り換えたのだという。「このクルマを買ってから他のクルマにまったく目移りしなくなりました。アバルトは作り手のプライドや美学が感じられるブランド。お客さんに迎合するのではなく、乗り手がクルマに合わせていくクルマだと思うんです。それがたまらなく楽しいんですけどね」と話してくれた。

Abarth
595 Competizioneオーナーの中村さん。

「週末は家族3人でドライブに行くなどして楽しんでいます。実はこのクルマで北海道本島の最北、宗谷岬まで行ったこともあるんですよ」と、浜松界隈のオーナーさんとは思えないコメントも飛び出した。「ここにはアバルトが好きで、それぞれにカスタマイズされたアバルトが沢山集まっています。皆違う個性を持っていますが、来場者それぞれがお互いのクルマを尊重してくれるところがいいですね」とイベントの醍醐味を話してくれた。

Abarth

運転中に音楽やテレビが要らないクルマです

標準モデルには設定のない特別なボディカラーや色の組み合わせをアレンジできるMake Your Scorpionで設定されたアドレナリングリーンの595 Competizioneでお越しになられた吉松瑞香さんとご主人の久則さん。このクルマは奥さまの愛車ということで、運転席に座るのは奥さまだ。「色々乗り継ぎましたけど、やっぱりイタリア車が好きですね。イタリア車に乗ると免許を取り立ての頃に初めて自分のマイカーを持った時の感覚が蘇るかのように愛車が愛おしく感じるんです。アバルトは運転するのも楽しいクルマ。だからこのクルマに乗ってしまうと、運転中に音楽やテレビが要らなくなりますね(笑)」と、内に秘めた想いを話してくれた。

Abarth
595 Competizioneオーナーの吉松さんご夫妻。

ご主人は「妻は僕よりも自在にアバルトを扱います。クルマのことをしっかりわかってやっているので安心して任せられます」と奥さまのドライビングを高く評価している模様。聞けば奥さまは以前にスコーピオンナドライブの参加経験がおありなのだとか。

そんな吉松さんご夫妻はよく一緒にイベントにも参加されているとのこと。「2人ともクルマ好きなのでイベントには一緒に行きます。それもアバルトに乗るようになってからのことで、全国各地の人と仲良くなれました」とご主人。奥さまも「人と人を繋げてくれる楽しみがあり、今日も以前知り合った方たちと顔を合わせることができました。こういう出会いが楽しいですね」とイベントを楽しまれているご様子だ。

Abarth

乗っている人の生活が想像できて楽しいです

ブラックの124 spiderでお越しになられていたMihoさん。その車体は7年経過しているとは思えないほどピカピカ。車体の輝きだけでなく、Mihoさんのクルマへの愛情もまったく色褪せていないという。「7年間、ずっと最高です(笑)。まだ学生だった7年前に洗車のアルバイトで必死に頭金を貯めて購入したクルマなんです。ドライブしている時の非日常感、屋根を開けた時の開放感、そして思い通りに反応してくれるこのクルマの運転感覚は何にも代え難く、他では味わえない魅力に溢れたクルマだと思います」と愛車に大満足の様子。

Abarth
124 spiderオーナーのMihoさん。

輸入車オンパレードツーリングへの参加は2度目。その楽しみについて次のように話してくれた。「このイベントにはたくさんのクルマが集まり、皆さんの個性的なクルマを見ていると、クルマそのものだけではなく、オーナーさんの日常がクルマによってどのように彩られているか、その方の生活が想像して楽しむことができます。素敵なイベントですね」と話してくださった。

Abarth


>>>次ページ 500eのオーナーさんもご来場

RECENT