東京モーターショー初出展!史上最速の『695 BIPOSTO』と大人気モデル『595 TURISMO』が並ぶ唯一無二の世界観を楽しむ。

re_MG_3200

<東京モーターショー2015>が10月29日(木)にスタートし、11月8日(日)まで開催されています。今回の<東京モーターショー>は、日本の自動車メーカーから複数の市販を前提としたスポーツカー、スポーツカーのコンセプトカーが発表され、また海外のスポーツカーやGTカーのジャパン・プレミア、アジア・プレミアなどもあり、ECOばかり目立っていたようなここ何回かとは雰囲気が異なる、“クルマを走らせる楽しさ”を思い起こさせる展示が多いように感じられました。

そんな中にあっての大きなトピックのひとつは、ABARTHが独立したブランドとなってから初めて、この日本最大のクルマの祭典に参加していること、といえるでしょう。

最新にして最強な『695 BIPOSTO』。
ゴージャスで快適なインテリアの『595 TURISMO』。

re3_MG_3722(左)『595 TURISMO』/(右)『695 BIPOSTO』

ABARTHのコーナーは、会場である東京ビッグサイトの西展示棟1Fのアトリウムに広がっているFCAジャパンのブースの一角で、Alfa Romeo、FIAT、Jeep®と並んで設けられています。サーキットをイメージしたコーナーに展示されているのは、2台のABARTH。1台は最新にして最強の『ABARTH 695 BIPOSTO(ビポスト)』。そしてもう1台はレッドとグレーのビコローレに彩られた、『ABARTH 595 TURISMO(ツーリズモ)』でした。

re_MG_3253

御存知のとおり『695 BIPOSTO』は、今年の夏から秋にかけて<695 BIPOSTO CARAVAN>という展示とトークのイベントを通じてすでに全国にお披露目されているモデルですが、正式なカタログモデルでありながら、ほとんどハンドメイドに近いかたちで生産されるため大量に作ることができず、現時点ではどこのABARTHディーラーのショールームでも見られる、というわけではありません。そんなことをもあってか、会場に来られた熱心なファンの方は、まずBIPOSTOの前に真っ直ぐ向かわれるようです。ABARTHの持ち味であるスポーティな走りを磨くために、エンジンや足周りのみならず、あらゆる部分に手が加えられている『695 BIPOSTO』。パッと見ではスタンダードな『ABARTH 500』に瓜ふたつですが、ジックリ観察していくと、展示されている状態でも相違点が驚くほどたくさん見つけられると思います。その“違い探し”を楽しみながら見ていただくと、BIPOSTOが単なる高性能グレードではなく、『ABARTH 500』というクルマをベースに違うステージのクルマを開発しようとしてきたことを察していただくことができると思います。

re_MG_2967

そしてもう1台の、ビコローレの『595 TURISMO』。イタリアンらしいカラーリングが施されているせいか、女性達の注目が大きいことに驚かされました。ABARTHですからどのモデルにも刺激的なパフォーマンスが標準装備なのはいうまでもありませんが、595はチューン高めの仕様でありながら、トランスミッションはATモードもあるパドルシフトの5速2ペダルとイージードライブも可能な仕様、しかも“TURISMO”という名前のとおり、ロングドライブや街中での走行を意識したちょっとゴージャスで快適なインテリアを持たされているモデルです。

「レース・トラックからインスパイアされた雰囲気のABARTHコーナー。その世界観に触れていただけると嬉しいです。」

_MG_3739(左)ポンタス・ヘグストロムさん (右)ティツィアナ・アランプラセさん

一般公開日に先駆けて行われたプレスデーには、FCAジャパンのCEOであるポンタス・ヘグストロム社長と、全ブランドを統括するマーケティング本部長のティツィアナ・アランプレセさんが見えていたので、会場を訪れる皆さんへのメッセージをいただいてきました。

re_MG_3759

ポンタス・ヘグストロムさん(FCAジャパン 代表取締役社長兼CEO)
「ABARTHとして、初めて<東京モーターショー>に出展できたことを嬉しく思っています。今回はABARTH史上最速の市販モデルである『695 BIPOSTO』と、ラインナップの中で最も人気があるといえる『595 TURISMO』を持ってきました。BIPOSTOはレース用のトランスミッションといえるドグリングを備えた、現在の日本では唯一の存在です。それ以外にも非常にスペシャルな仕様になっているところが無数にある、ABARTHの走りを磨き抜いたモデルです。ABARTHが世界的に見ても唯一といえるユニークなブランドであることは皆さんも御存知だと思いますが、レース・トラックからインスパイアされた雰囲気のABARTHコーナーで、その世界観に触れていただけると嬉しいです」

ティツィアナ・アランプラセさん(FCAジャパン マーケティング本部長)
「ABARTHは、とてもスペシャルなブランドです。すごくコンパクトでかわいらしくて、だけど本気を出したらすごく速くて楽しい。毎日何の気兼ねもなく乗れるスーパースポーツカーみたいなクルマ達です。ABARTHはそういうクルマを昔から専門的に作っている世界で唯一のブランドなのです。今回はそのラインナップの中から最もレース・トラックが似合うクルマと、最も街が似合うクルマを展示しました。この2台を御覧になって、サソリの毒というか刺激的なフレーバーがどういうものなのか興味を持っていただいて、ぜひ後日、ディーラーさんに行って試乗してみていただきたいです。とても楽しくて気持ちのいいクルマだということが、すぐに解っていただけると思います」

re_MG_3276(左)新山春華さん/(右)軒田康乃さん

そして最後に、2台のABARTHに花を添える、ふたりのレディを御紹介。軒田康乃さんと新山春華さんです。彼女達はABARTHでスーパー耐久レースと全日本ラリー選手権に参戦しているmCrtことムゼオ・チンクエチェント・レーシング・チームのレースクイーンでもあります。新山さんからコメントをいただきました。

re_MG_3848

「こんなにかわいくてお洒落なのに本気を出すとすごく速くて強いというのをいつもレースやラリーのときに見ていて、実は私達もABARTHの大ファンなのです。その本当の姿を皆さんにお伝えできたら嬉しいな、と思っています。まだ数少なくて普段はあまり見られない『695 BIPOSTO』と、女性にも似合うお洒落な『595 TURISMO』が並んでいますので、ぜひABARTHブースに遊びに来てください。スマホを使ってABARTHのゲームやインテリアの360°ビューなどにアクセスするためのカードをお配りしていますので、受け取って楽しんでくださいね」

INFORMATION

★TOKYO MOTOR SHOW 2015参加
10月29日(木)〜11月8日(日)に行われる<第44回東京モーターショー2015>に、ABARTH 595 TURISMOと ABARH 695 BIPOSTOを出展。
>> https://www.abarth.jp/tokyomotorshow/

★ SCORPION MONTH 2015 限定
サソリを手にするための、特別なオファー。期間限定で購入サポート!11月23日(月)まで!
>> https://www.abarth.jp/offer/

★ABARTH SCORPION MONTH FAIR
蠍座の月ならではの新たな限定車登場!11月14日(土)、15日(日)のみの特別フェア開催!
>> https://www.abarth.jp/sm15/

★ADRENALINE RUSH OFFER vol.3
このチャンスが、欲望をかき立てる。対象は、ABARTH全モデル。
>> https://www.abarth.jp/offer/

★『ABARTH 695 BIPOSTO』の詳細はこちらから
>> https://www.abarth.jp/695biposto/

嶋田智之さんによる『ABARTH 695 BIPOSTO』レポートはこちらから
>> https://www.abarth.jp/scorpion/driving_fun_school/4862

★ <ABARTH SAFETY DRIVING CAMP>
ADAの要素を取り入れながら、英国発祥のミニ・ジムカーナ『オートテスト』の本格的な導入を目指して、新プログラムがスタート。
>> https://www.abarth.jp/safetydrivingcamp/

Text:嶋田智之
Photos:横山マサト

RECENT