2024年も開幕! アバルトファンの集いABARTH COFFEE BREAK@神戸

Abarth

ハンドルは私が握ります

アバルト歴はまだ4ヶ月という595 esseesseオーナーの内田晴菜さん。コーヒーブレークに参加したのは今回が初。アバルトを選んだきっかけは、マニュアル車に乗っている友人の影響だそう。そこでご主人にマニュアル車が欲しいと相談したところ、名が挙がったのがアバルトだった。
「他のクルマにも試乗したんですけど。アバルトに乗ってしまったら面白さが全然違って、もうアバルト以外考えられなくなってしまったんです!」と晴菜さん。

Abarth
595 esseesseオーナーの内田さん。

どこが心を打ちましたか?
「加速感です。試乗の時は、マニュアル車の運転が久しぶりすぎてわからなかったんですけど、ディーラーさんに運転してもらったら、強いGを感じ、すごいクルマだと感じたんです」。その後、購入して6,000km走行したが、晴菜さんの興奮は今も続いている模様。「ドライブ中に“運転代ろうか?”って言ってもなかなか交代してくれないんです(笑)」とご主人。奥さまのクルマとあって自分で運転したい気持ちが強い模様。

Abarth

この日も奥さまの運転で会場入りすると、コーヒーブレーク初参加のため新たな刺激を受けることに。「普段、アバルトは街で時々見るぐらいなので、こんなに大集合しているところを見るのは初めてです。皆さんの個性が現れた色々なクルマが見られて楽しいです!」と興奮気味に話してくれた。

40台限定車への愛情は6年経っても衰えず

かつてはイタリアの超高級スポーツカーを所有されたことがあり、レース経験もあるという岸 宏樹さんの愛車は、「595 Turismo MT Limited」。2018年に発売された、595 Turismoで初めてマニュアルトランスミッションを採用した150台の限定車だ。しかも岸さんの愛車は、その中でも40台のみが設定された左ハンドルのマニュアル車。
「クルマがずっと好きだったんですけど、マニュアル車を所有したことがなく、一度は乗りたいと思っていたんです。知り合いのショールームに行って試乗させてもらったところ、運転は問題なかったものの、通勤にちょうど良さそうだと思った595 Turismoにはマニュアルの設定がない。そんな時に限定車でマニュアルの仕様が1台だけ残っていると知り、これは運命だなと。誰にも相談もせず購入してしまいました(笑)」と振り返ってくれた。

Abarth
595 Turismo MT Limitedオーナーの岸さん。

そんな愛車との衝撃的な出会いから6年が経った今の状況は?
「つくづく走る楽しみが味わえるクルマやなと。もっと早く買っておけばよかったと思います。この前、よく行く立ち飲み屋でたまたま隣同士になった人と話していたら、ふとアバルトというワードが出て、“僕も乗っているんです”と盛り上がったり、所有しているというだけで意気投合し、打ち解けられるのはアバルトならではだと思います。こういうイベントに来ても、それぞれのクルマに個性があり、会話に花が咲く。つくづく人を惹きつけるクルマだと思いますね」

Abarth

そう話す岸さんの愛車は、内外装に合わせて調合した特別カラーのホイールを装着するなどこだわりが満載。「このクルマはちょっと手放せないですね(笑)」と話すその表情にアバルトへの愛情が溢れ出ていた。

なお、今回はたくさんのご来場者の方にインタビューにご協力いただいたため、続きは5月23日(木)に公開予定の続編でお届けします。ぜひそちらもご期待ください!

文 曽宮岳大

アバルト コーヒーブレーク 2024の詳細はこちら

RECENT