【ABARTH CLASSICHE】アバルトの歴史を刻んだモデル No.018

170510_ABARTH_Classic_01

1960 FIAT ABARTH 700/850 BIALBERO
フィアット・アバルト 700/850 ビアルベーロ

レコード・モンツァ最終進化型

アバルトが手がけたクラシックモデルには、量産車のほかにレーシングモデルも相当な数に上る。これはカルロ・アバルトが常にベストを追求し、レースの特性に合わせて専用モデルを製作していたためである。

1958年に登場したフィアット・アバルト 750 レコード・モンツァ・ザガートは、その後850cc版と1000ccモデルが派生し、モータースポーツで圧倒的な強さを発揮。アバルトに数多くの栄光をもたらした。

170510_ABARTH_Classic_02
写真は、750 レコード・モンツァ・ザガート。レコード・モンツァの起源となったモデルだ。

さらに1960年にFIAのモータースポーツ車両規定が改訂されると、アバルトは、すぐさま新規定に合わせて戦闘力を高めたマシンの製作に取り掛かった。今回紹介する「フィアット・アバルト 700/850 ビアルベーロ」もそうしたなかの1台で、従来モデルでは対応しきれなかった改善策を盛り込んだモデルだ。エンジンは、新開発の695cc直列4気筒DOHCビアルベーロユニットで、2基のツインチョーク・ウェーバー36DCL4キャブレターを装着し、最高出力は64HP/7900rpmを発生した。

170510_ABARTH_Classic_03
700/850 ビアルベーロには参加するクラスに合わせて2種の排気量のビアルベーロ(DOHC)エンジンが使い分けられた。写真は850ccエンジン。

700/850 ビアルベーロの基本ディメンションは750/850 レコード・モンツァ・ザガートに準じるが、ふたつの大きな違いがあった。そのひとつが冷却効率の高いフロントラジエターレイアウトが採用されたこと。後の1000ビアルベーロやアバルト・シムカ1300/2000では定番となるレイアウトの先駆けとなったのである。

170510_ABARTH_Classic_04a170510_ABARTH_Classic_04b
フロントコンパートメント内は、耐久レースに備えた大容量の燃料タンクが占める(左)。
サイドウインドーはスライド式で、助手席側は固定されていた。ドアは軽量タイプで、斜めに補強が入る(右)。

もうひとつの違いは750GTやレコード・モンツァではカロッツェリア・ザガートにボディの製作を依頼していたのに対し、700/850 ビアルベーロは生産台数がわずか数台と少なかったため、アルミニウム製ボディをトリノのスペシャリストであるコルナに依頼し、組み立てはアバルト社内で行ったことだ。一見するとレコード・モンツァと変わらぬようなスタイリングに見えるが、よく見るとフロントのインテークのほか、ボディパネルがフロアまでスムーズなラインでカバーされているなどの違いがあった。そのためボディのどこにもザガートの”Z”エンブレムは付けられていなかった。

170510_ABARTH_Classic_05
スタイリングは750/850 レコード・モンツァ・ザガートに似ているが、丸みを帯びたリヤエンドの造形は別物。太いテールパイプ、エンジンフード中央に刻まれたルーバーが闘うマシンであることを主張する。

こうして完成した700ビアルベーロは、1960年3月5日にドイツのプフェルスフェルト・サーキットで行われたGTレースにウルフガング・シーデルのドライブで挑み、1000cc以下のクラスで見事デビューウィンを果たす。このあともナポリ・ヒルクライム、ラリー・ド・ジュネーブ、コッパ・マーレ・モンティ、モンツァ12時間、ホッケンハイム6時間等の様々なカテゴリーで勝利を積み上げていった。本命といえるル・マン24時間レースでは、700cc仕様を1台と、850cc仕様2台の計3台体制で挑んだものの、すべてクラッチのトラブルで戦列を離れるという残念な結果に終わってしまった。

170510_ABARTH_Classic_06
レーシングモデルだけにダッシュボードには必要最小限のメーター類だけが備わり、もちろん速度計はない。

1961年シーズンもサーキットからヒルクライムで大活躍した後に、ル・マン24時間レースには700cc仕様3台と850cc仕様1台の4台体制で挑んだ。このうちデニス・ハルムとアンガス・ヒュースロップのニュージーランダー・コンビがドライブした850ビアルベーロは、総合14位でフィニッシュすると共に、スポーツカー850ccカテゴリーのクラス優勝を成し遂げた。ちなみに850ビアルベーロは263ラップを走り切り、平均速度147.166km/hと素晴らしいパフォーマンスを見せた。

170510_ABARTH_Classic_07
ダッシュボードの中央にはスイッチとワーニング・ランプが一列に並ぶ。右のハンドルはカットオフスイッチ。

こうして大活躍を遂げた750/850ビアルベーロは、アバルトの’60年代に輝かしい栄光の記録を刻む序章となった。以後1000ビアルベーロ、アバルト・シムカ1300/2000、そしてOT1300/2000がモータースポーツで活躍。アバルトは、レーシングコンストラクターとしての座を確立していった。

170510_ABARTH_Classic_08
バケットシートは当時の標準タイプが備わる。赤いパイピングにアバルトの洒落心が表現されている。

なお700/850 ビアルベーロは、愛好家の間ではル・マン24時間レースで最高の記録を残したことから、同系のレコード・モンツァと区別するために750/850ビアルベーロLM(ル・マン)と呼ばれている。

170510_ABARTH_Classic_09
リヤバルクヘッドは剥き出しのまま。リヤクォーターウインドウ部には換気用のルーバーが刻まれている。

スペック
1960 FIAT ABARTH 700 BIALBERO

全長:3470mm
全幅:1350mm
全高:1140mm
ホイールベース:2000mm
車両重量:570kg
エンジン形式:水冷直列4気筒DOHC
総排気量:695cc
最高出力:64hp/7900rpm
変速機:4段マニュアル
タイヤ:5.20-12
最高速度:180km/h