カスタマイズ・プログラム<MAKE YOUR SCORPION>にトライ!ABARTHオーナーでもあるパパイヤ鈴木さんが登場。

IMG_9179

『ABARTH595』のカラーコーディネイトやアクセサリーを自分好みにカスタマイズし、完成させた自分だけのABARTH(アバルト)を購入できる<SCORPION MONTH>限定の人気企画<MAKE YOUR SCORPION>。<SCORPION PLUS>では、その魅力を分かりやすく紹介するために、国内の様々なアーティストの方々に<MAKE YOUR SCORPION>を体験して頂き、アーティストの方々ならではの鋭い感性で“自分だけのサソリ”を作ってもらう企画を実施している。

昨年は、松浦俊夫さん、シシド・カフカさんにカスタマイズを試していただいた。そして今回登場して頂くのは、日本屈指の振付師/ダンサーとして多忙な日々を送るパパイヤ鈴木さん。『パパイヤ鈴木とおやじダンサーズ』での印象的な活動を筆頭に、現在も国民的アイドルの楽曲にソウルの振付を忍ばせたAKB48の『恋するフォーチュンクッキー』や、様々な企業CMの振り付けを手がけ、特のユーモアや意外性に溢れた仕事の数々は、“愛らしいルックスと骨太な走りのミスマッチ”を筆頭にしたABARTHの魅力とも繋がる。

★愛車の『ABARTH 500 2010年式』
papaiya_car

また、それらの活動がすべてダンスへの真摯な愛情と卓越した技術に基づいていることは、“クオリティを最重要視した造り込みと性能の追求”を掲げるABARTHのスピリットにも共振するものだろう。自身もABARTHのオーナーであるパパイヤさんに、もう一台の“理想のサソリ”を考えてもらった。

ルパン三世の映画を通して見つけた “オンリーワン”。レースでも体感したサソリの魅力

IMG_9016

「やっぱりABARTHはエンジンの音を楽しみたいし、乗っている感覚を味わいたいんです。僕の場合はエッセエッセキットを加えてチューンアップを変えてるんですけど、その“クルマに乗ってる感じ”も含めて好きなんだと思いますね」。

「“オンリーワン”でなければ高級車でも魅力を感じない」というパパイヤさん。『ルパン三世 カリオストロの城』に登場する『フィアット500』に憧れて手に入れた、そのチューンドモデルである『ABARTH 500(アバルト チンクエチェント)2010年式』を運転する際には、他のクルマとは異なり、音楽をかけたりせず“クルマに乗る”こと自体を楽しむそうだ。

IMG_9033

また、ABARTHはドライビングスクールの開催、各種レースへの参戦など、“レースカー”としての側面に焦点を当てた活動も行なっているが、パパイヤさんもそうした魅力に触れる機会があったという。「以前仕事でレースに参加させて頂いた 際に、ABARTHが2台ほど来てましたよ。かっ飛ばしてましたね。僕も見事にぶっちぎられました(笑)」。

愛車の『ABARTH 500』のカラーで制作したカスタムシューズも

IMG_9164

そんなパパイヤさんの活動を支える原動力は「何事も楽しんでやること」。カスタマイズも大好きとのことで、adidasのカスタム・サービスで自身のABARTHのカラーに合わせたカスタムシューズを制作した経験もある。取材当日には現物を履いて登場していただき、シューズの制作秘話についてもお話をうかがった。

IMG_9125
IMG_9133

「僕が靴を作ろうと思ったのは、クルマから降りてきて最初に地面に触れるのが靴だ、というのが理由なんです。うちは色が黒と青で、シートが黄色と赤なんですけど、似たようなものが降りてきたらコーディネイトとしていいと思ったんですね。当時カスタム・サービスを利用できるとなった時に、ABARTHを買ったばかりだったので制作しました。こういう企画は大好きで、楽しんで作りましたね」

実際にカー・コンフィギュレーターを試していただきました!

IMG_9097

そんな経緯もあり、「んー、カスタマイズ!」という掛け声で意気揚々と始まった今回の<MAKE YOUR SCORPION>は、和やかな雰囲気で進行。しかしその眼差しは、真剣そのものだ。現在所有しているABARTHはブラックとあって、今回はボディーカラーにそれとは異なるベージュ/レッド(ピコローレ)をチョイス。サイドストライプ/デカールのホワイトでアクセントを加え、仕事でも“誰もやったことのないものを選ぶ”というパパイヤさんらしい、カラフルで個性的なABARTHが完成した。

パパイヤ鈴木さんによる<MAKE YOUR SCORPION>

今回パパイヤさんが完成させたのはこちらのデザイン。自分だけのサソリを作る際の参考にしてみてはいかがだろうか?

make_your_sporpion_papaiya

選択車種:ABARTH 595 COMPETIZIONE 5速マニュアル
カスタマイズ詳細
ボディーカラー:ベージュ/レッド(ピコローレ)
シートカラー:レッド

追加アクセサリー
ミラーカバー:グレー(ソリッド
esseesse Bremboキット:チタニウム
サイドストライプ/デカール:ホワイト

▼<MAKE YOUR SCORPION>にてカスタマイズに挑戦!
http://www.abarth.jp/config/

SCOPION MONTH 2014
 
SCORPION DAY
日時:2014年11月23日(日)
場所:代官山蔦屋書店 T-SITE GARDEN GALLERY
ENTRANCE FREE!
LINE UP:
[LIVE]Azumi、土岐麻子
[TALK SHOW]嶋田智之、安東弘樹、眞貝知志選手 and more

▼イベント詳細はこちら!
http://www.abarth.jp/scorpion/scorpion-plus/4180

▼モーニングクルーズ詳細はこちら!
http://urx.nu/dyCM

▼ツイッターキャンペーンの詳細はこちら!
http://urx.nu/dyCM

<SCORPION DAY>タイムテーブル

<会場:T-SITE駐車場>
7:00〜9:00  モーニング・クルーズ

<会場:GARDEN GALLERY>
16:00 OPEN・インスタレーション
16:30 トークイベント1(嶋田智之/眞貝知志選手 and more)
16:50 トークイベント2(嶋田智之/安東弘樹)
17:40 ライブ(Azumi)
18:20 ライブ(土岐麻子)
19:00 インスタレーション
20:00 CLOSE
 
※混雑状況により整理券を配付いたします。
※タイムテーブルの時間が前後する場合がございます。ご了承ください。
※ライブ出演アーティストの写真撮影・録音・録画はご遠慮願っております。
 もしそのような行為を見つけた場合、スタッフからお声掛けをさせていただきます。

RECENT

FASHION & CULTURE

ファッション&カルチャー

2017.01.17

ドライブの快適性とデザイン性を両立。色気に満ちたナポリの手袋「マリオ・ポルトラーノ」

ドライビングを愛する人のためのクルマ、アバルト。クルマを意のままに操れる感覚は何ものにも代え難い魅力だ。だから運転を快適に楽しむためのギアも、本物志向で品質の良いものにこだわりたい。欠かせないのはドライビングシューズとサングラス、そしてグローブだ。

つづきを読む

SCORPION PLUS

スコーピオン プラス

2016.12.23

SCORPION MAGAZINE 2016年アクセスランキング トップ5

いよいよ2016年も残りわずか。SCORPION MAGAZINEも今年最後の更新となった。そこで今回は、2016年に公開されたSCORPION MAGAZINEの記事から、もっともアクセス数の多かったランキングトップ5を発表。人気記事をチェックしながら、2016年を振り返っていこう。

つづきを読む


Notice: Undefined variable: _SESSION in /var/www/html/fiat-abarth/www/scorpion/wp-content/plugins/usc-e-shop/classes/usceshop.class.php on line 6860