ボローニャの宝石「マイアーニ」から、アバルトファンにぴったりのビターチョコ

170207_majani_abarth_01

イタリアンチョコの老舗「マイアーニ」×「アバルト」

「FIAT・ABARTH Test Drive」で、アバルト車に試乗するともらえるプレゼント。アバルト専用パッケージに入った3個のチョコレートには、それぞれ「70」「75」「85」と数字が書かれ、芳醇な香りを漂わす。じつはこれ、並のチョコレートではないのだ。

170207_majani_abarth_02

このチョコレートを作っているMAJANI(マイアーニ)は、創業1796年の老舗。イタリア初の固形チョコレート「スコルツァ」の発明(1832年)や、サヴォイア王家御用達など、そのエピソードは枚挙にいとまがない。イタリアにチョコレートを広めた企業の一社といえるのだ。

170207_majani_abarth_03
フィアットのために開発されたオリジナルチョコは圧倒的な支持を受け、一般にも販売されることに。登場から100年以上経った今も当時のままの材料と製法で作られている。

そんなマイアーニを代表するのが「FIATチョコレート」。この四角いチョコが誕生したのは1911年。フィアットのコンペに勝ち残ったマイアーニが新型車「Tipo4」のプロモーション用に開発したもので、ヘーゼルナッツとアーモンドをミックスした4層のチョコレートはフィアットからも顧客からも大絶賛だったという。

目利きが選ぶ、アバルトのためのチョコレート

このFIATチョコレートを日本に広めたのは、アバルトオーナーとしてScorpion Magazineでもご紹介したしたことがあるイタリア食材専門店「ベリッシモ」の清水良二さん(関連記事)だ。

170207_majani_abarth_04170207_majani_abarth_05
清水さんの愛車「アバルト 595C ツーリズモ」。ベリッシモの社用車としても日々活躍している。

イタリアで初めてFIATチョコレートのおいしさを知った清水さんは、「この味をぜひ日本にも広めたい」と熱望。ボローニャのマイアーニ社に足を運んで熱意を伝え、晴れて日本での小売りライセンス契約を結んだ。そんな清水さんがアバルトファンにふさわしいエッジの効いたアイテムとしてセレクトしてくれたのが、カカオ豆の地域と濃度にこだわったエクストラダークシリーズだ。

170207_majani_abarth_06
ペルーのカカオ豆70%のチョコレート。パイナップルやバナナを思わせるフルーティな香りが特徴で、口の中で長く続く余韻が楽しめる。甘さだけではないシャープな味わい。

170207_majani_abarth_07
コロンビア75%は、ほどよい酸味とフルーティな香りのバランスが絶妙。このシリーズはすべて、エスプレッソにはもちろんお酒にも合う。

170207_majani_abarth_08
ビター好きにとくにおすすめのヴェネズエラ85%。深い森や木の香りを思わせるどっしりとした存在感が特徴。ビターでありながら口どけもよく、老舗の実力を感じさせる。

「アバルトのハンドリングは非常にシャープで、すぐに回転が上がる高出力エンジンとともに、ブランドの実力を感じさせてくれます。今回セレクトしたのはカカオ含有量の多い高純度のものばかり。メーカーの真価が問われるチョコレートといえます。アバルトに打って付けではないでしょうか」と清水さんは語ってくれた。

170207_majani_abarth_09
サソリマークのオリジナルパッケージにて、3個1セットでプレゼント中。お見逃しなく!

さすが良いものだけを厳選して取り扱っているベリッシモならではのセレクト。しかも、アバルトオーナーとしての目線も生かされているのだ。アバルトのシャープな乗り味とともに、ビタースウィートなマイアーニの美味しさをぜひ体感していただきたい。

FIAT・ABARTH TEST DRIVE キャンペーン
MAJANI(マイアーニ)専門通販ショップ

※今回のプレゼント賞品はキャンペーン限定。カカオ豆シリーズは、タブレット(板チョコ)タイプのみ販売中です。

Photo: SHIge Kidoue
Text: Kaoli Yamane

RECENT