ABARTH 695 TRIBUTO FERRARI

アバルトとフェラーリというドリームコラボによって生み出されたのが アバルト695 トリブート フェラーリ。

例えば、エンジンは1.4ターボT-Jet 16vエンジンをチューニングし、最高出力は180ps、最大トルク25.5kgm。

トランスミッションには、ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション『アバルト コンペティツィオーネ』を採用。レーシングスタイルのパドル式スイッチを備え、シフト時間を短縮することでエンジンのパフォーマンスを100%引き出すことが可能。

ホイールは、フェラーリのホイールをヒントにデザインした専用17インチ アロイホイール。タイヤはハイパフォーマンスタイヤを採用し、グリップを高め、さらに、パワーの増強に合わせて、サスペンションとブレーキングシステムも強化。フロントにはブレンボ製4ポッドキャリパー(レッド仕上げ)・ドリルドベンチレーテッドディスクと専用ダンパーにより、スポーティーな走りにおいても高い安全性を確保。さらに3,000rpm 以上で刺激的なサウンドを発生するエグゾーストシステム『レコード モンツァ』を採用。

ヘッドライトは、バイキセノンヘッドライトの採用により明るさを強化し、あらゆる天候条件の下で効果的な照明を実現。このヘッドライトはマニエッティ・マレリ オートモーティブライティング社製
 

シートは、カーボンファイバーによるシェルとシートベースにブラックレザー仕上げを組み合せた「アバルトコルサ by サベルト」を採用。レーシングシートの軽さ(標準シート比10kg減)や、潰れにくい発泡材を詰めた支持部材による横Gおよび前後Gに対するホールド性に加え、標準シートのすぐれたエルゴノミクスと快適性を両立。

ブラックレザーのステアリングホイールは、トリコロールデザインのアクセントが加えられ、メーターパネルは、フェラーリを想わせるイェーガー社特製品を採用。

さらに、フロアにも細心の注意を払い、フットウェル全体をノンスリップアルミニウムで覆うとともに、レーシングペダルには「スコルピオーネ」ロゴを施し、専用キックプレートや車両シリアルナンバープレートなど、細部にいたるまで丹念な仕上げが特長となっている。

RECENT

FASHION & CULTURE

ファッション&カルチャー

2017.01.17

ドライブの快適性とデザイン性を両立。色気に満ちたナポリの手袋「マリオ・ポルトラーノ」

ドライビングを愛する人のためのクルマ、アバルト。クルマを意のままに操れる感覚は何ものにも代え難い魅力だ。だから運転を快適に楽しむためのギアも、本物志向で品質の良いものにこだわりたい。欠かせないのはドライビングシューズとサングラス、そしてグローブだ。

つづきを読む

SCORPION PLUS

スコーピオン プラス

2016.12.23

SCORPION MAGAZINE 2016年アクセスランキング トップ5

いよいよ2016年も残りわずか。SCORPION MAGAZINEも今年最後の更新となった。そこで今回は、2016年に公開されたSCORPION MAGAZINEの記事から、もっともアクセス数の多かったランキングトップ5を発表。人気記事をチェックしながら、2016年を振り返っていこう。

つづきを読む


Notice: Undefined variable: _SESSION in /var/www/html/fiat-abarth/www/scorpion/wp-content/plugins/usc-e-shop/classes/usceshop.class.php on line 6860